tiqisu.com

Topics

面接時の服装で迷った時の考え方

面接時の服装で迷った時の考え方 面接時に悩んでしまうことの1つに服装があります。面接で大切なのは、応募先の企業に自分を知ってもらうこと、魅力をアピールすることです。ですから、服装で悩んでしまうよりは、面接時に予想される質問への答えを考えたり、面接時に応募者が企業側へ行う質問の内容を考えたりなどに時間を費やすことをお勧めします。しかし、企業側も応募者の服装はしっかり見ています。これは、清潔感や常識があるかどうかを判断しています。まず、業種や職種に関係なく、仕事をする上で清潔感は重要です。身に付けている衣類の状態やカラーなどは、清潔感に大きく影響します。また、髪型も清潔感を考える上で重要です。そのため、面接を受ける際は、自分の顔がしっかり見えるような髪型や汚れていない衣類、落ち着いたカラーの服装などを意識する必要があります。

また、雇用形態で服装を変える方法も効果的です。たとえば、アルバイトやパートの場合は、私服で面接を行うのは一般的です。ただし、正社員の面接の場合は、私服よりはスーツの方が無難です。正社員でも私服で面接を行う企業はあります。しかし、服装に悩んでいる状態ならば、無理に私服にこだわるのではなく、スーツで面接に望むことをお勧めします。

【参考】